睡眠治療と快眠法の館TOP > 不眠を治す秘訣とは? > 睡眠薬の種類について解説

睡眠薬の種類には何がある?

 

睡眠薬の種類とは?

睡眠薬の種類は、昔と今では使用している薬剤が異なります。

  • バルビタール系(バルビツール系)
  • ベンゾジアゼピン系

睡眠薬を飲みすぎると、致死量に達したり、自殺目的に使われたというのは、バルビタール系の睡眠薬です。これは現在は使われていません。脳幹に直接作用する薬剤のため、呼吸抑制や血圧低下などのショック症状を引き起こすことが多かったといえます。

いっぽう、現在主流であるベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤は、とても安全な睡眠薬の種類となっています。ある意味、アルコールよりも安全といわれています。こちららは、感情が興奮する元である大脳辺縁系を鎮める目的で使用されます。気分をリラックスさせる抗不安薬ですから、危険ではないことは分かりますよね?

もちろんベンゾジアゼピン系以外でも、非ベンゾジアゼピン系の薬剤や、抗ヒスタミン薬も使われたりします。

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬の種類

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬の種類には、以下の四つがあります。

  • 超短時間作用型
  • 短時間作用型
  • 中間時間作用型
  • 長時間作用型

超短時間作用型

超短時間作用型の睡眠薬は、寝つきにくいといった入眠障害の不眠症に処方されます。寝初めだけに効けばよいので、作用時間が短いわけです。超短時間作用型の睡眠薬の種類には、ハルシオン、アモバン、マイスリーがあります。

余談ですが、ハーブであるレモンバームとバレリアンの組み合わせを摂取すると、副作用がないうえ、ハルシオンと同等の効果があったという実験報告があります。睡眠薬が怖い人は、ハーブを試すのも良いかもしれませんね。

短時間作用型

短時間作用型は、上記のものよりも、やや作用時間が長い睡眠薬の種類になります。レンドルミン、エバミール、ロラメット、リスミー、デパスなどです。

なお作用時間が短い睡眠薬は、持ち越し効果が少なく、目覚めはよくなります。
ただし、健忘(物忘れ)の副作用が起きることがあります。

中間時間作用型

中間時間作用型の薬剤は、長時間作用型まではいかない、睡眠薬の種類です。
これにはドラール、ロヒプノール、ネルボン、ユーロジン、エリミン、ベンザリンなどがあります。

長時間作用型

長時間作用型の薬剤は、早朝覚醒してしまう場合に使用したりする睡眠薬の種類です。作用時間がそれだけ長いわけですから、起きた後も持ち越し効果という副作用が起きやすくなります。これにはインスイミン、ネルガート、ベノジール、ソメリン、ダルメートなどがあります。

市販の睡眠改善薬

医師が処方する睡眠薬の種類ではありませんが、市販されている睡眠改善薬や漢方薬を飲むという選択肢もあります。

医師の処方なしに飲める代わりに、効果もゆるやかになっています。
たとえば、ドリエルとかグッスミンという商品名で売られています。体の筋肉の緊張をゆるめたり、血行をよくする作用が主体であり、脳内のギャバ(GABA)の量を増やしたりします。

ギャバとは抑制性神経伝達物質で、脳幹部の興奮性神経伝達物質であるノルアドレナリンなどを抑える働きをします。その結果、気分が沈静化されて眠くなってくるわけです。

食材でギャバを含むものは、発芽玄米、納豆、醤油、味噌などです。
夕食時に摂取するようにすれば、べつに睡眠薬を飲まなくても、睡眠治療に役立つ可能性があります。たとえば納豆に醤油を加え、硫化アリルを含む刻んだネギを掛ければ、立派な快眠食、快眠サプリになります。

不眠の改善

不眠症を治す睡眠治療のポイントはこちら↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら