睡眠治療と快眠法の館TOP > 不眠を治す秘訣とは? > 睡眠薬の副作用とは?

睡眠薬の副作用について

 

睡眠薬は副作用があると、よくいわれます。

たとえば睡眠薬を飲むと、だんだん耐性がついてきて、致死量に達してしまうというイメージですね。でも、これは昔使われていたバルビタール系の睡眠薬の場合。脳幹部に直接作用するタイプのため、呼吸困難や血圧低下の症状が起きたのです。

安全だが副作用もある睡眠薬

しかし現在使用されている睡眠薬は、その名も睡眠導入剤となり、ベンゾジアゼピン系といいます。これは精神安定剤の仲間であり、抗不安薬の一種です。つまり感情と本能の元である大脳辺縁系に直接働きかける性質の薬。生命を維持する脳幹部には作用しないので、命にかかわるような睡眠薬の副作用・危険性はありません。

医師に言わせると、睡眠薬はアルコール(お酒)や風邪薬よりも安全ということです。風邪薬を何年も飲む人はいないでしょう。もし、そんなことをしたら重大な副作用が起きてしまいます。ところが睡眠薬は1年くらいの服用に耐えられるように作られているのです。

とはいっても、安全といわれるベンゾジアゼピン系の睡眠薬に副作用がまったくないのかというと、これは間違いです。命の危険はありませんが、軽度の副作用はあります。

たとえば短時間作用型の睡眠薬は、飲むとすぐに眠くなります。そのため30分以内に寝床に行かないと、その場で寝てしまう可能性があります。また寝るまでの記憶が失われやすくなります。睡眠薬の副作用といっても、この程度です。

長時間作用型の睡眠薬は、早朝覚醒などに対して処方されるので、効き目が長くなります。そのため翌日まで持続する「持ち越し効果」という、睡眠薬の副作用があります。翌日に心身の調子がすぐれない、だるいといった症状です。

睡眠薬の飲み方

睡眠薬は飲み方が大事です。
夜寝る前には、眠くなくても飲む習慣をつけることが大事です。寝れない時だけ服用してしまうと、夜中に飲むことになります。そうなると効果の持ち越しがズレこんで、次の日ずっと一日中だるいということも起こりえます。

また、睡眠薬とアルコールの飲み合わせは危険です。
アルコールは脳幹を抑制するギャバの放出を促して、気分をリラックスさせて、眠りにいざないます。睡眠薬も同様に眠りへと導きますから、両方飲んでしまうと効果が倍増してしまい、危険なのです。それこそ重大な睡眠薬の副作用として現れる危険があるので、けっして両方を一緒に飲まないようにしましょう。

慢性的な服用は危険

現在の睡眠薬の副作用は、以前とくらべて少なく、安全です。
とはいっても、急に服用をやめると、禁断症状(離脱症状)が起きることがあります。医師と相談しながら、徐々にやめていくことが大切です。ただし、これは漫然と服用している場合。医師の指示に従って、短期間に限って服用すれば、このような睡眠薬の副作用は起こりません。

安全なベンゾジアゼピン系の睡眠薬といえども、何年も服用していると、薬剤依存性が生じてしまうのです。つまり睡眠薬を手放せなくなって「薬物依存性睡眠障害」になってしまうわけです。

このように何年も慢性的に使用していると、無理にやめた場合、薬剤離脱性不眠になって、さらに深刻な不眠の症状を引き起こすことになります。こういった事態にならないためにも、医師の指示を守って服用することが大切になります。

ドクターショッピングなど、医師をはしごして、勝手に多くの睡眠薬を自分の判断で飲んでいると、前述したような薬剤依存性睡眠障害を招くことになります。

不眠症を治す睡眠治療のポイントはこちら↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら