睡眠治療と快眠法の館TOP > 不眠を治す秘訣とは?

不眠を治すポイント

 

不眠を治すことは、じつは一人でも可能です。

不眠症を治すというと、一般には病院の精神科の診察が思い浮かぶでしょう。
しかし、人間の脳は、いまだに100パーセント解明されていません。どうしても、自宅で不眠を解消したい、という場合は解決策があります。

それは以下の2点です。

  • 自分の脳の力を使う
  • 一般的な睡眠治療を活用する

自分の脳の力を活用する

これだけでは、何のことだか分からないと思います。
つまり自分で自分の潜在意識に語りかけて、睡眠治療をしてしまおうということです。自力で不眠を治すには、この手法が欠かせないと思います。

人間は、「寝よう寝よう」と焦ると、その反対に眠れなくなったりします。
それは交感神経が活発になってしまい、血圧や脈拍が上昇するからです。要はリラックスを司る副交感神経を優位にできればよいのです。

そこで布団に入ったら、できるだけゆったりとして、自分に語りかけます。
だんだん安眠が訪れる」でもいいし、「だんだん深い眠りに入っていく」でもいいでしょう。いわゆる自己催眠です。そうすると、いつもよりも意識レベルが低くなっていますから、暗示の言葉が潜在意識に受け入れられやすくなります。

人は顕在意識のレベルで「寝よう寝よう」と焦るから、正反対の方向へ行ってしまうのです。そうではなく、自分の深層意識に語りかけるようにして、暗示の言葉を思い浮かべるのです。これが不眠を治す力になります。

一般的な安眠対策を実践する

その上で、市販の睡眠の本に書かれているような、睡眠治療を行なっていきましょう。プラス思考の転換に成功すれば、すべて軌道に乗っていくはずです。

不眠を治すために、とくに守るべき事柄は以下のようなものです。

  • 早起きして、朝日を浴びる
  • 運動量を多くする
  • 寝る直前は食べない
  • 夜は光を少なくする

朝に太陽の光に当たるのは、体内時計をリセットするためです。
人はもともと、25時間のサーカディアンリズムを持っています。一説には24時間11分とも言われています。それを朝日に当たることによって、自転周期と同じ24時間に修正しているのです。これで、太陽とともに起きるリズムが出来上がります。

不眠を治すには、運動量を多くすることも大切です。
原因が不明といわれている精神生理性不眠の患者さんでも、日中に有酸素運動のウォーキングを取り入れるだけで、不眠が改善に向かうケースもあるのです。

寝る直前に食べないことによって、眠りが深くなります。
寝るときは、できれば胃のなかに食べ物がない状態が理想的です。そのためには、寝る前の3時間は食べないことです。できれば4時間は食べないことをおすすめします。そうすれば睡眠中に消化活動をしなくて済むので、深い眠りとなるのです。それはノンレム睡眠が深くなるということであり、大脳がより一層休まり、成長ホルモンの分泌量が増加して、免疫力も高まります。

不眠を治すには、夜間は光を少なくすることも大切です。
朝に太陽の光を浴びてから約14時間後に、睡眠ホルモンのメラトニンが分泌を開始するしくみがあります。このときに、室内の照明を落としてやれば、スムーズにメラトニンが分泌されます。

ところが夜になっても、明るい光を発するパソコン画面を見ていたのでは、せっかく分泌されてきたメラトニンが止まってしまいます。これが睡眠障害の原因となるのです。夜は出来るだけパソコンをしないか、モニターの照度を落とすことをオススメします。

 

このように、不眠を治す方法は、自宅で一人でも可能だと考えます。
それには、自分の脳の力を最大限に引き出すこと。その上に立って、一般的な不眠対策を実践することが大切なのです。

下のリンク先の商材は、具体的な不眠症対策が解説されています。
参考にしていただけたらと思います。

不眠症を治す睡眠治療のポイントはこちら↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら

よく寝ることの意味とコツ

よく寝ることは、だれにとっても大切なことです。ただし誤解しないでほしいのは、これは睡眠時間を言っているのではありません。睡眠時間は、人によって違ってきますし、同じ人でもその...

夜寝る前にしてはいけない事とは?

夜寝る前にしていいことと、してはいけないことがあります。寝る前にしていいことの代表は、リラックスです。夜寝る前にしてはいけない事は、以下のようなものです。寝...

眠れないのは辛いこと

眠れないのは辛いこと、これは誰にとっても言えるでしょう。睡眠というものは本来、心身の疲れを取る時間帯だからです。それなのに、寝つけないということは、明日になって疲れがた...

眠りについて考える

眠りについて考えてみたいと思います。眠りの役割とは、誰もが知っているように心身の疲れを回復させることです。もし徹夜したり不眠症になってしまうと、次の日、頭が働かず、体も...

睡眠薬の種類について解説

睡眠薬の種類とは?睡眠薬の種類は、昔と今では使用している薬剤が異なります。バルビタール系(バルビツール系)ベンゾジアゼピン系睡眠薬を飲みすぎると...

睡眠薬の副作用とは?

睡眠薬は副作用があると、よくいわれます。たとえば睡眠薬を飲むと、だんだん耐性がついてきて、致死量に達してしまうというイメージですね。でも、これは昔使われていたバルビタール系...

ぐっすり寝るには?

ぐっすり寝ることは、誰もが求めていることでしょう。しかし現代社会には、睡眠を妨害する要因がたくさんあります。ストレス、光、情報などなど・・・。ぐっすり寝るとは、...

 

不眠症を治す睡眠治療のポイントはこちら↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら